低コストで思い通りの家に|国分建設に任せて!

自然と音楽の街

住宅

最適な住環境

富士山が良く見える、東京23区最後の牧場「小泉牧場」がある、野菜の無人販売所があるといった形で練馬区のポイントとして自然がある土地との印象は強い。東京23区において自然が身近に感じられる緑の街という点は、戸建を建てて生活を営むことを考えると非常に優れています。また、都心へのアクセスも良いので通勤にも便利な立地であるといえます。23区は自然が無いので子育て環境のイメージが悪いため、埼玉・千葉といった都心から離れた土地に戸建を建てるケースが多いですが、将来的な少子化による人口減少を考えた時、東京23区外の地価の下落は非常に大きくなると予測されます。23区で自然があり子育てに適した環境の練馬区。更に練馬区は今「緑」以外にも注目をされているポイントがあり、将来的な土地の価値にも期待がもてます。

広がる音楽の街

練馬区には武蔵野音楽大学があり、江古田駅周辺には防音の楽器可マンションという楽器の演奏ができるマンションが近年増加しています。戸建を建てる際、1部屋を防音室という形で二重サッシや室内の扉を防音にすることで、将来的に転勤等で土地を離れなければならないことが起きた時でも、防音物件として音楽関係の人に受け入れられます。周囲の何の特徴も無い戸建と比べると物件の付加価値は際立っておりますので、仮に賃貸に出した場合でも借りてがすぐに決まり、かつ特徴的物件のため賃料を高く設定することが可能となります。防音室として二重サッシや室内扉を防音の物に変えることで、建築コスト的には40〜50万円程度UPしますが、将来的な用途を考えるとメリットは大きいです。